仲良くなるコツを知ろう

SNSで外国人とコミュニケーションを取るために

海外のことを把握しておく

時差をよく考えよう

世界には、時差というものが存在しています。
日本では昼間でみんながSNSを使っている時間帯でも、海外では夜になっていることが考えられます。
その時間帯にSNSを使っている人はいないし、メッセージを送っても迷惑になります。
相手の時間帯を考えてメッセージを送ってください。

また、逆のパターンも考えられます。
向こうが日中でこちらが夜の場合は、夜にたくさんメッセージが送られてくることが考えられます。
眠れなくなることがあるので、できれば時差があまりない海外のユーザーと仲良くなった方が良いでしょう。
早めに、相手の生活リズムを把握しておけば大丈夫でしょう。
するとお互いが気持ちよくコミュニケーションを取ることが可能です。

アピールするコツ

海外のユーザーから興味を持ってもらうために、趣味や好きなことをアピールするのがおすすめの方法です。
絵を描くのが好きな人は、SNSに絵を投稿すると良いでしょう。
日本の漫画やアニメは、海外でも根強い人気を誇っています。
それらの絵を描くと、海外のユーザーが興味を持って話しかけてくれるかもしれません。

有名なジャンルの方が反応されやすいですが、敢えてマイナーな作品を描いても良いと思います。
マイナーであればあるほど、知っている人を見つけると嬉しくなります。
そこから会話が発展して、仲良くなれるかもしれません。
自分をアピールする方法はいくらでもあるので、いろんな人に気づいてもらえる努力を怠らないことが大切です。


この記事をシェアする